So-net無料ブログ作成
検索選択

ひさしぶりの水トレ [run]

水曜日は水泳教室に通っていたのだけど、夏休みでしばらくやらないので、また織田フィールドに復活。半年ぶりくらいに行きました。

jog 3500m、20分
ペース走 2000m、7'36(1'35、1'31、1'30、1'30、1'29) ビルドアップの予定だったけど、暑くて無理!
スピード 1000m、3'14(1'14、1'18、41)

こんな感じ。

最後の1000mの直後の心拍は180くらい。登山競走と同じくらいだ。
よほど登山競走のときは寝不足と高度が身体にこたえたらしい。

まあ夏はあまり無理しないようにしよう。
nice!(0) 

天皇陛下 vs. 安倍氏 [日々のできごと]

週刊ポストを立ち読み。

「安倍が怖れる「天皇談話」のあの“お言葉”」
http://www.weeklypost.com/150807jp/index.html

この記事によると、天皇陛下 vs. 安倍氏 のような状態になっているとのこと。

もはや個人的に首相という肩書を付けるのもはばかられるので、付けるのはやめますね。

天皇陛下は、昭和天皇が軍部の暴走を止められずに戦争に突き進み、多くの犠牲者を出した無念を受け継いでいる。

一方、安倍氏は、祖父がやりたかったという憲法改正の思いを受け継ぎ、国民無視で勝手にやっていると。

まあそういうことですね。私は、祖父の思いというのは安倍家の問題なのだから、国民は関係ない。一家庭内の問題に国民を巻き込むのはやめてほしいと思ってます。

まさに、元祖KYだよね。安倍氏って。空気を読めないひと。

nice!(0) 

多摩川ライド [bike]

日曜日は多摩川沿いに南側を羽田まで走ってきました。

12時ごろ出発して、とても暑いのだけどのんびりとスタート。途中、さすがに暑く、熱中症がちょっとやばいかなと思いながら気をつけて走る。

結局、帰ったのは18時前。休憩はたくさんしたけど、実走4時間。約80キロ。補給した水分は2Lくらいとけっこうな量になった。

途中、救急車が出動する音が何回も聞こえて、やっぱり暑いんだなあと実感。

自分はなんとか大丈夫でした。暑い中でも練習しないと、次の斑尾50キロには間に合わないので、だましだましトレーニングします。

多摩川の南側は基本的に川沿いの自転車道路を走れるので、車をあまり気にしなくてよく、のんびり走りたいときにはおすすめ。休憩スポットコンビニもけっこうあって便利です。



nice!(0) 

第68回富士登山競走 [大会]

NEC_1686.JPG
スタート地点からの富士山

2010年以来の登山競走。5合目コースに出てきました。

自己計時で、1時間54分31秒。来年のAブロック権を獲得することはできませんでした。ざんねん。
来年も五合目コースに出ようかなとちょっと思ってます。

さて、今年のスタートブロックはDで、並んだ位置は後ろから3分の1くらいのところ。
スタートしてからも周囲のスピードは上がらず、抜いていくのが大変でした。

といっても、けっこう抜かれたのでその努力は骨折り損だったかも[わーい(嬉しい顔)]

朝のupの時点で微妙に体がいつもと違うことを実感。やはりここは標高が高いのだ。スタート地点ですでに高尾山より高い。

スタートしても、やはり体調は上がらない。中の茶屋、そして馬返しまでは我慢の走り。抜かれっぱなしだけど、こういうときは歩幅を狭めて着実に1歩ずつ走るに限る。走り終われば、後々データとして役に立つので、歩きたいけど絶対に歩かない。そんなことを考えながら走ってました。

給水ポイントではいつもより時間をかけてゆっくり。心拍は最初から最後まで180以上だったと思う。下げようと思うけど、なかなか下がらない。やはり標高のせいか。

それでも3合目から5合目にかけては例年と比較しても少し速いくらいのタイムで走れた。これは収穫。
その他の区間は軒並み例年より遅いのだけど、体調にもよるので許容範囲だと思う。

来年への課題としては、
・睡眠をしっかりとる(日帰りにしたので、4時間睡眠でした)
・朝型の生活にする(最近は、めっきり夜型に・・・)
・高度順応をしっかりする(これが一番大事かな)
こんなところでしょうか。いや、3つとも大事だ。

走力自体は落ちているとは思っていないし、むしろ上がっていると思うので心配はしていない。

登山競走は標高が高いから、やっぱり難しいレースだと思った1日でした。

帰りは吉田うどんと浜松餃子を食べてきました。
五合目の帰り道に競技場に寄るようになってからは初めての参加ですが、運営はスムーズでよかったと思います。

ただ、月江寺付近のお店へよることがなくなってしまったので、お金の動きは変わってしまったような気がします。運営を変えるといいところもあれば、よくないところもあるんだよね。むずかしい。

NEC_1690.JPG
吉田うどん。いつものうどんでした

NEC_1692.JPG
浜松餃子は初めて。柔らかいのね
nice!(0) 

体脂肪率など [日々のできごと]

目黒区のトレーニング室に体脂肪計があって、測定してもらってきました。

結果は、こちら。
NEC_1683.JPG

体脂肪率は9.8%。
思ったより少なかった。10%を切れていて、とりあえずよかった。

その他いろいろと細かく測定できて興味深い。

また行ってみます。

測定値の詳細はこちらの中にあります。
http://www.yamato-scale.co.jp/uploads/product/180_2.pdf
nice!(0) 

成績の比較 [triathlon]

先日のスプリントの大会の成績と、14年前の大会の成績を比較してみます。

     14年前(参加者444人) →  今年(同327人) 
swim  15'29(413位)         14’16(199位) → 勝ち!
bike   41'14(116位)         45’48(135位) → 負け!
run    19'57(36位)          18’12(25位) → 勝ち!

total   1’16’40             1’18’16 → 負け?

トランジション   ?           7分19秒 → 負け!
トランジション抜きのbikeの純粋なタイム  ?  38分29秒 → たぶん勝ち!

と、こんな結果になりました。

swim と runは間違いなく14年前の自分に勝った! 特にrunは1分30秒以上も速くなるという驚異の展開。まあ自分では全然速いと思ってないけど。

swimの練習の成果は、swimにはでなかったけどrunに表れたということのようです。なんだそれはー!

でも実際そうなんだよね。swimとbikeの練習は、間違いなくrunにいい影響を与えてる。一番練習していないのがrunだけど、でもそうなっている。いい感じ。

トランジションについては、絶対に14年前に負けてます。だって、今回はバイクパンツを履いて、グローブをしてスタートしてるし、それからbikeの乗車位置が14年前と大幅に変わって、乗車位置までバイクを押しながら相当走らないといけなくなったので。
純粋なバイクのタイムは38分29秒で、アウターで気持ちよくペダルを回せてたし、40キロオーバーのところもあったから、今回の方が少しだけ速いような気がするけど、まあわからない。

バイクは重いので相当ハンディがあるけど、いい練習になるのでこれは割り切ることにしました!
そのせいでrunが速くなったのかもしれないしね!


nice!(0) 

お~いお茶 [日々のできごと]

NEC_1681.JPG

キャンペーンに応募したら、特製の品が当たりました[ぴかぴか(新しい)]
パッケージ花火です。中身は一緒だけど、夏っぽい。

ペットボトル10本入り。
nice!(0) 

戦争法案 [日々のできごと]

憲法や民主主義完全無視、元祖KYである安倍氏ですが、ほんとうに空気読めない人ですよね。

法学部政治学科出身なのに憲法を知らない。ポツダム宣言など読んだこともないと国会でのたまう。

いまの憲法は、第二次世界大戦による多くの犠牲のもとに成立しています。だから、とんでもないことをひとりでやっている彼は、かわいそうだけれどもこれらの多くの犠牲者の怨念を一身に受けて、けっこうひどい亡くなり方をするのではないかと、なんとなく思います。いまは元気そうですが。

日本人関係の戦没者数は、「約三百十万人」。
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b152015.htm
さらに、日本軍の攻撃による各国の犠牲者数がここに加わります。
安倍さんは、今後それらのひとたちの怨念を一身に受けていくのだなあと、気の毒に思います。
そういう覚悟は、たぶんなさそうですけど(笑)。

私、ときどき思うのですが、昔から自民党の人たちは靖国神社が好きですが、靖国神社に祭られている戦犯の人たちだって、今でも戦争を進めたがっているかというと、そういうひともいるかもしれないけど、そうじゃないひともいるんじゃないかと思うんです。

戦争好きな人たちは昔からよく靖国に参拝していますが、戦争が原因で自分たちは東京裁判で殺されたりしたわけですから、戦争がいまでも好きだと思う理由はそんなにないのではないかと。

話は戻りますが、こんな法律を作るための国会なら、そんな議員たちの報酬のもととなる税金など払いたくありません。

それから抑止力うんぬんの話を持ち出しているようですが、抑止力って冷戦時代の言葉で、もはや死語だと思ってました。抑止力では平和はつくれないというのは、もはや冷戦が崩壊したことからもわかるように、通説だといってよいでしょう。政治学科の学生ならだれでも知っていることですが、勉強しなかった安倍さんにはわからないんでしょうねえ。

だから、いまさら抑止力っていうのは、かなりダサいです。全然いけてません。

たぶん今後は、支持率ダダ下がりでしょう。いま調査したらすでに10%くらいしかないんじゃないかな。お気の毒さま。

nice!(0) 

トライアスロン! [大会]

きょうは14年ぶりのトライアスロン。昭和記念公園です。

プールだけどずっと雨だったから水温が低そう。しかも今日も1日雨予報。

風邪を覚悟で行ってきます!


さて、無事に行ってきました。率直な感想はというと・・・悔しい・情けないの一言。

まずスイムではアップのときにけっこう調子がよかったので、これはなかなかだと思い、はやまってスタート位置を前の方にしたのがよくなかった。

バトルになるのはわかっていたのだけど、それを承知でスイムスタート。思ったほどのバトルにはならなかったけど、それでも押し合いへしあいしているうちに疲れた。

私は第3ウェーブで、80人ちょっとなのだけど、スタートしてからなかなか団子状態が解消されず、集団で泳ぐことに嫌気がさしてきて(といってもスタートしてそんなに時間経ってないけど)、立って周囲を確認(立っても良いことになってます)。まだ後ろも団子状態。

うーん。こまった。自分のペースで泳げない(わかりきったことだが、甘かった)。最初のバトルで腕の力を使ってしまい、もうあまり水中で伸びるスイムはできなそう。もういいや、こうなったら平泳ぎとか、いろいろやろう。

そんなことを考えながら泳ぐのだけど、呼吸も苦しい。おまけにここ数日の雨で水が冷たい。
3月からのスイムの特訓はなんだったんだと思いながらスイムアップ。後ろにはあまり人がいなそうだったけど、10人くらいのグループでスイムを終えたので、あまり焦りはない。

しかし、まったく納得のいかないスイムだった。

そしてトランジション。バイクの位置まで走る。足は大丈夫だけど、腕が疲れた。タオルで体を拭いて、ヘルメット、サングラス、靴下、バイクシューズ、Tシャツ、といろいろ着ていざ出発。けっこう時間かかったと思う。

トランジションエリアを出てからも、バイクスタートの位置まではバイクを押して走らなければならない。150mくらいあったかな。長く感じた。

そしていよいよバイクへ。ここから自分の時計でもタイムを計る。5キロを4周だ。
1周目。最初は上半身が疲れている感じ。しばらくは仕方ないので無理はしない。給水もしながらいく。
それでもスピードは30キロをけっこう軽く超えている感じ。アウターで、4速、5速あたりを普通に使える(私のギアは9速でフロント52、リア13-23)。

15年前の入門バイクなので、自分より重いバイクに乗っている人はたぶんほとんどいないと思っている。つまり、バイクそのものの力で他人に勝てることはまずない。自分の足で勝つしかないのだ!

それにしても、みんないいバイク乗ってるよね。

さて、そんなことはいいとして、2、3周目。抜いたり抜かれたりという感じになってきた。それでもmaxで40キロを超えることもあったし、ある程度の流れには乗っている。だから抜かれても気にしない。

途中、まったくスピードが違う人2、3人に抜かれたけれど、そのほかの人たちは抜かれてもそれほどでもないと思った。

結局、バイクは自己計時・トランジション抜きで20キロを38分29秒。平均時速にすると31.18キロ。もっと出ていると思っていたのだが・・・。ここが納得がいかないポイント2。もう少し速かったと思うのだけど。

そこからランまでのトランジションタイムが3分13秒。ここは距離があるから仕方ない。靴ひもを結ぶのに少し時間かかったけど。

そしてラン5キロ。周回コースで、銀杏並木のところを走って、その先を折り返してくるというのを3周回。1周目は5分53秒、2周目が6分7秒、3周目が6分12秒くらい。3周目はfinishゲートまでの+α(50mくらい)あり。

というわけで、5キロを18分14秒ということになりました。ほんとかな!? だって、キロ3分39秒くらいだよ。速いよ。

まだ記録は出ていないけれど、予想ではスイムが14分、バイクが41分、ランが18分14秒で、スイム→バイクのトランジションがあるのでその分を入れて75分くらいかなあ。

果たして、14年前の自分に勝てたのか? 14年前の記録は、76分40秒でした。

記録が出るのはもう少しかかるようです。

nice!(0) 

国立演芸場 [日々のできごと]

きのう(4日)は国立演芸上で落語を聞いてきました。

永田町の駅から5分くらいのところにあります。隣は最高裁。

最高裁って、皇居の側からみるとお城のような堅固な外観をしているのだけど、国立演芸場の方に回ってみると普通のお役所的な建物がその裏側につながっているのが見えます。なんだか笑えました。

さて、明大のある講座に参加していて、その最終回ということで落語をみんなで聞きに行ったのですが、結論としていちばんおもしろかったのは落語の途中に入っていた漫才でした(笑)。

落語は純粋に笑わせてもらえるものが少なかった気がします。ちょっとざんねん。漫才の方が楽しくていいかも。


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。