So-net無料ブログ作成

平泳ぎ [swim]

とある区の水泳教室で平泳ぎを基礎から教わる。

脚の出し方、蹴り方、閉じ方、方向、などなど。目からうろこの連続。

平泳ぎは脚を閉じるときに水を押し出していく感じになって、それが前進する力になるのだということを初めて知りました。

いやー、こういうことって本に書いてあるのかなあ。

蹴るときは足が水面に出ないように(力が水上に抜けてしまうため)とか、同じく蹴るときには顔は水の中に(抵抗になってしまうため)とか、知らないことばかり。

自己流でやってても、全く進歩ないことがわかった。

これからはどんな物事も誰かに教わろう。真剣にそう思ったのでした。

わずか1時間弱だけど、終わった後のすがすがしい気分はあまり味わったことのないものでした。何か新しい技を覚えた少年のよう(笑)。

40の手習いですが、そんなことはどうでもいいのだ。一緒に教わっていた方々は50~おそらく70代で、みんな真剣。
気持ちの若さが大事!

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。